九州国立博物館「国宝 初音の調度」(のチラシ)

毎年1月恒例になっとる徳川美術館初音の調度ミニゲスト出演。
毎度三点のみとかの超ミニ特別公開だしモノがモノなので別に何も書くことない。まあこの時期特別展観に来たらこの辺りじゃ滅多に見れないもんが来てるし常設のほうも回った方がいいすよという。

前はこんなちょっぴじゃイマイチあれだのう一室くらいの企画展示でとか思ってたが、このヤケクソなシロモノが揃いで並んでるとなんか細密ドランカーというか感覚マヒしてくるような気がしてなんか最近これくらいのチラ見せでいいような気がしてきた。

まあアレだいつ見てもヤケクソです。(賛辞)
スゴいのでボストンだけじゃなく常設も見てね

というか毎度気になるのが展示の側に置いてある「ご自由にお取り下さいチラシ(?)」で、これはこの展示のPRなのか徳川美術館所蔵品の宣伝なのかそれとも見てくれた方への粗品なのかという。


この状態で配布

めくると

むしろこの状態が普通にフライヤー

ちなみに裏側

徳川美術館の簡単な紹介と今回の九博での展示の案内

めくると

出陳されてるアイテムの図版を使った3ヶ月カレンダー。リボン外して壁に掛けられます仕様(笑)
化粧カバーの紙のほうがまた結構高そうなんだコレが

今年だけというワケではなく毎年こんなミュージアムグッズ臭のする仕様なんですがこれは九博のシャレなのか徳川の企画なのか誰か教えてください。


蒔絵のスイなので三点だけだけど見なきゃ損
あ、今回は耳盥&輪台、料紙箱、机の三点であった

新春特別公開 国宝 初音の調度 
九州国立博物館 1月1日~27日

つうかもうすぐ終わりじゃん(死)


以前(→以前の初音の調度展示)企画展示とか来てくれんだろうかとか言ってたら秋に巡回が来るw。
国宝 徳川展 - 尾張徳川家の至宝 -  10月12日(土)~12月8日(日)九州国立博物館
まあ江戸博よりは点数少ないんだろうけども(トラウマ)

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。